ローンで何を買うのか。案外大きな問題と言えるのがこの問題です。

何を買う?

ここまでで、ローンはやたら大袈裟なものなのではないかと感じた人もいるかもしれません。
確かにローンの特徴を客観的に見て行くととても大袈裟なもののように感じてしまうでしょう。
ですが実際、ローンで購入するものはやはりそれなりに大きなものになっていきますので、それも仕方ないでしょう。
特にローンで購入されるものと言えば不動産か車です。
どちらもそれなりに大きな買い物になるでしょう。
それはつまり、ローン会社からすると貸すお金が増える、個人からすると借りるお金が増えるという事になりますので、この点は仕方ない部分なのではないでしょうか。
コンビニやスーパーで商品を購入するのとは訳が違いますので、こればかりは仕方ないのですが、ローンが大袈裟なものになってしまうのも仕方ない部分があるのです。
特に不動産ともなると、返済は30年以上のものになりますので、ローン会社が慎重になるのも当然ですよね。
30年以上返済する事が可能なのか。
それをその場で判断しなければならないのですから、厳しいものになってしまうのも仕方ない話しですよね。
ましてや不動産の場合何千万円、何億円とする可能性もあるのですから、こればかりは仕方ない部分もあるでしょう。
また、不動産の場合金利もそれなりの額となってしまうのですが、不動産を一括で購入する事が出来る人はそうそういないでしょうから、こればかりは仕方ない問題でしょうしね。
大袈裟になるのも仕方ないのです。