ローンの審査の際には様々なチェック項目があるのですが何をチェックされるのでしょう。

審査のチェック項目

審査の際には様々なものがチェックされるとお話ししましたが、いくつか掘り下げて見てみるとしましょう。
まずは収入。
この部分がまず基本になります。
収入が高いという事はそれだけ経済力がある事になりますので、審査の際にもポイントが高くなります。
現実問題収入によって返済出来るお金が変わってくるでしょうから、この点は当たり前と言えるでしょう。
また、勤続年数や会社規模。
勤続年数が長ければそれだけ「辞めない人」になりますから印象も良くなりますよね。
勤続年数が短いと「信頼」という点ではそこまでのものではないでしょうから。
また、会社の規模は案外重要です。
会社が大企業であれば倒産する危険性が低いですから、ローンの返済も支障が出ないでしょう。
ですが、中小・零細企業ですと倒産の危険性もあります。
倒産してしまったら当然ですが、一気に収入がなくなるのですからどうする事も出来なくなってしまいますよね。
そのため、会社の規模は大事です。
大企業の年収500万円と、中小・零細企業、ありは企業自営業の500万円ではまったく印象が違います。
「収入源」の問題になるのですから当たり前ですよね。
また、扶養家族の有無は使えるお金がどれくらいなのかが見えてきますので、こちらは独身の方が有利です。
結婚は素晴らしい事ですが、「ローン」というビジネスで見た時、結婚すると趣味に回せるお金は限られてしまいますので、審査が厳しいものになってしまうのも仕方ないですよね。