ローンの仕組みがどのようなものなのか。それを見てみるとしましょう。

仕組みを知ろう

現金一括では購入出来ないようなものを購入する事が出来るようになるのがローンの素晴らしい所ですよね。
ですがローンがどのような仕組みなのか。
これをしっかり理解しておく事も重要なのではないでしょうか。
自分自身が利用するサービスなのに、実はあまり知らない。
そのようなケースもあるでしょうが、それではいざという時に困ってしまいます。
ローンは例えば車を購入するとします。
その際、ローン会社から審査を受けて通過する事でローンを利用する事が出来るようになるのですが、その際、自動車販売店にはローン会社がお金を一括で支払うのです。
ですから、自動車を購入するローンとはいえ、自動車販売会社は関係なくなるのです。
300万円の車を100万円の頭金、そして残りはローンとなった時、残りの200万円はローン会社が自動車販売店に一括で支払い、その200万円に金利を上乗せして購入者から返済してもらうのです。
利息分が利益になるのですね。
このため、自動車会社はローンとは一切関係ないのです。
自動車会社からすると、お代は全て頂いていますので、自動車が売れたらあとはもう関係ないのです。
中にはローンは自動車会社に支払っていると思っている人、ローン会社は仲介してくれている第三者くらいにしか思っていない人もいるかもしれませんが、実際には自動車販売業者こそ「第三者」となるのです。
この点はクレジットカードのシステムに似ていますが、これがローンのシステムなのです。