ローンじゃなきゃダメなのか。この点をもう一度じっくり考えて見ましょう。

ローンじゃなきゃだめ?

ローンはとても便利です。
現金一括では購入出来ないようなものまで購入する事が出来るのですから、誰にとってもとても素晴らしいシステムと言えるでしょう。
一方でローンは利用しなければならないものではありません。
現金一括で購入する事が出来るのであれば現金一括で購入してしまえば良いのです。
中々難しいのも事実ですが、ローンは公的サービスではありませんし、義務でもありません。
あくまでもローンを提供している会社の「サービス」「商品」になりますので、ローンを利用するかしないかの判断は自由なのです。
この点を履き違えてしまっている人もいるかもしれません。
ですが現金一括での購入が禁止されている訳ではありません。
貯蓄が十分にあればローンに頼らず、現金一括の購入でも何ら問題ないのです。
現金一括での購入はそもそもそれだけの現金を用意するのが大変と言う人もいれば、それだけの額などある訳がないという人もいるでしょうし、貯蓄はあるけど一気にお金が減るのは抵抗があるという人もいるでしょう。
ですが、払えるのであればローンを組むよりもとにかく早く支払うべきという声があるのも事実です。
この部分の選択肢は自分自身でいろいろと判断するべき部分となるのですが、ローンの特性をしっかりと理解した上で判断すべきでしょう。
ローンが決して悪いサービスという訳ではありませんし、現金一括で購入する事が出来ないものを購入出来るチャンスでもありますしね。